2015年8月23日 (日)

言語相対性仮説

言語相対性仮説

言語相対性仮説とは、サピアとウォーフによって提唱された仮説です。
サピア-ウォーフ仮説とも呼ばれます。

私たちは、考える時に言語を使って考えています。
そのため言語なしでは複雑な思考はできないと考えられます。

そして、言語相対性仮説(サピア-ウォーフ説)では、思考が言語の影響を受けるため、文化圏によって言語が異なれば価値観も異なってくると考えます。

言語相対性仮説の解釈

言語相対性仮説についての解釈は大きく2つに分かれます。

一つは、言語以外での思考が存在することを否定する理論であるという解釈です。
こちらは言語=思考の理論であると言えます。
もう一つは、言語以外の思考の存在を否定する理論ではないという解釈です。

言語相対性仮説に関する実験

言語相対性仮説に従えば、例えば色を表す言葉が赤と青しかなければ、複雑な色は区別しにくいと考えられます。

そこで部族を被験者として色の弁別実験が行われています。
例えば、薄い色と濃い色の2つの色の概念しかない部族に、様々な色を見せて再認させる実験があります。
その結果、色を区別して再認することが可能でした。

ただし、言葉を持っている色の場合には再認がしやすいという結果もあり、これは言語相対性仮説を一部支持していると考えることもできます。

社会階級によって知能が異なる

言語相対性仮説に関連してバーンステイン仮説というものがあります。
これは社会的な階級によって知能が異なるといった仮説です。

バーンステイン仮説では、社会階級によって言語が異なるために思考が異なり、その結果知能の高低が異なってくると考えます。

精密コードと限定コード

バーンステインは、中産階級の子供たちは、精密コードと限定コードを用いると考えました。
一方、労働者階級の子供たちは、限定コードのみを使用するとされます。

精密コードとは、論理的で客観的な言語の使い方です。
例えば、子供が片付けをしないとき、
「はやく片付けなさい!はやく片付けないと出発の時間に間に合わないでしょ」
が精密コードです。

限定コードとは、主観的で権威的な言語の使い方です。
「はやく片付けなさい!私が言っているんだから言うこと聞きなさい」
が限定コードです。


ちなみバーンステイン仮説は、社会的階級の差をさらに強めてしまう、と批判されています。

重要キーワード:言語相対性仮説、バーンステイン仮説、限定コード、精密コード、サピアウォーフ仮説

選択的注意

選択的注意とは

選択的注意とは、様々な刺激の中から一部の刺激だけに注意を向けることです。

例えば、うるさい場所でも話し相手の声だけ聞き取ることができたり、
パチンコ屋さんで自分の台の音だけ聞きとることができたりするのは選択的注意です。

うるさいパーティーで話ができるようなカクテルパーティ効果は選択的注意の代表的な現象です。

両耳分離聴の実験

○両耳分離聴の実験方法

チェリーは選択的注意に関する実験を行っています。
チェリーの実験では左右別のメッセージをヘッドフォンで流し、聞こえたメッセージを
追唱させる実験を行っています。

○両耳分離聴実験の結果

左右両方の耳から入った情報は同時に聞き取れません。
しかし、左右どちらかの耳から入った情報を聞きとるように指示すると、
追唱することができます。
これは、たくさんの情報の中から選択的に注意を向けることができることを
示しています。

チェリーの実験の重要な点は、追唱しない方の耳にブザーを聞かせたことでした。
結果、片耳からの追唱ができるだけではなく、反対の耳からのブザー音に気づくことができました。

このことから何がわかったのでしょうか?

注意を向けられなかった方の耳からの情報も、
意味処理ができなくても、物理的な変化に気づくことができるということです。

このチェリーの実験結果から新たにモデルが提唱されています。
その一つがブロードベントによるフィルターモデルです。

記憶のフィルターモデル

両耳分離聴の実験では、注意を向けられなかった耳からの刺激の変化に気づくことができました。

ブロードベントはチェリーの両耳分離聴の実験をもとに、記憶のフィルターモデルを提唱しています。

ブロードベントのフィルターモデルは、選択的注意を記憶のモデルに取り入れたものです。

ブロードベントはチェリーの実験結果をもとに、
「感覚器官から入ってきた情報が、選択的注意を向けられることによって短期・長期記憶へ移行する」ことをモデル化しました。

感覚器官に入ってきた情報はすべて物理的に処理され、
その中から選択的注意を向けられた情報が記憶(短期・長期記憶)に残ります。

逆に言えば、入力された全ての刺激は物理的に処理されているが、
注意を向けられなかった刺激は意味処理されず、短期記憶や長期記憶に残りません。

後期選択説

その後の両耳分離聴を用いた研究では、追従しない方からの情報に自分の名前が含まれている場合には、 気づくことができることがわかっています。
これは、初期に意味処理する情報が選択される(初期選択説)わけではなく、
すべての情報が初期に意味処理されていて後にその中から情報を選択している(後期選択説)可能性があるということです。

重要キーワード:選択的注意、カクテルパーティ効果、両耳分離聴、記憶のフィルターモデル、初期選択説、後期選択説

2015年7月27日 (月)

躁病とは?

躁病とは?

躁病は気分が高揚した状態が長時間持続するものです。

躁病によく見られる特徴は以下のようなものです。
・気分が異常に高揚する
・自尊心が肥大化する
・様々な考えが頭に浮かんでくる(観念奔逸)
・よくしゃべるようになる
・怒りやすくなる
・睡眠欲求の減少=睡眠が短くなる
・注意が散漫になる
・浪費が激しくなる
・運転が荒くなる

双極性障害とは?

双極性障害とは昔の言い方で躁うつ病のことです。
うつと躁が交互に繰り返される障害です。

DSM-Ⅳでは、うつ病と共に気分障害に含まれていましたが、
DSM-Ⅴでは、うつ病とは別の障害とされています。

双極性障害の分類

双極性障害には、「双極Ⅰ型障害」、「双極Ⅱ型障害」、「気分循環性障害」などが含まれます。

・「双極Ⅰ型障害」とは
躁状態とうつ状態が反復されるもの
双極Ⅰ型は、典型的な双極性障害です。

・「双極Ⅱ型障害」とは
軽躁状態とうつ状態が反復されるもの
双極Ⅱ型は、躁が軽く目立たないためうつ病と混同されやすいものです。

・「気分循環性障害」とは
軽躁状態と軽うつ状態が反復されるもの(2年以上持続する)


「双極Ⅰ型障害」も「双極Ⅱ型障害」も「気分循環性障害」も、
共通してうつと躁が繰り返されますが、その程度持続期間によって分類されています。

重要キーワード:躁うつ病、双極性障害、双極Ⅰ型、Ⅱ型、気分循環性障害、躁病エピソード

2014年12月10日 (水)

SST(ソーシャルスキルトレーニング)

ソーシャルスキルトレーニングとは?

SSTとは、社会生活をしていく上で必要な技術を学ぶ訓練のことです。

子どもに注意・アドバイスしても変化がない場合、「注意する・アドバイスするという方法が不適切である」と考えます。

もし、変化がないにも関わらず注意を執拗に行えば、自信をなくす、注意を聞き流すようになる、などの逆効果も出てきます。

Kodomo_kenka

SSTの方法

1,大きな目標とそれまでの小さな目標を設定

2,目標を達成すれば褒めるor達成したことを気づかせる

またSSTではできないことを注意するよりもできたことを褒めることによって、モチベーションを高めます。

SSTでは、シールを与える方法やロールプレイを行う方法も用いられます。

SSTの対象

SSTは発達障害のお子さんを対象に行われるケースが多いです。

なぜなら発達障害の特徴として、他者の観察だけで社会スキルを身につけることが困難であったり、注意やアドバイスをしても理解できずに社会生活で障害を来している場合があるからです。

SSTの目標

SSTの目標は子どもによってさまざまですが以下のような目標が考えられます。

・「ありがとう」「ごめんなさい」と言えるようになる

・嫌なことがあっても暴力を振るわない

・おもちゃを譲れるようになる

・うまくいかなくてもイライラして物に当たらない

・要求するときに、欲しい物の名前だけでなく文章で言えるようになる

重要キーワード:SST、ソーシャルスキルトレーニング、社会スキル、ロールプレイ

2014年10月26日 (日)

第一印象の形成

印象形成

人は他者に対して印象を形成しようとします。

「この人はこんな人かな?」「こういう性格だろうな」というように第一印象を形成します。

ケリーの印象形成実験

大学生に授業を受けさせ、講師の印象を尋ねた。
生徒は、「温かい人物であることが書かれた紹介文」と「冷たい人物だと書かれた紹介文」
を見てもらう生徒の2群に分けられる。

すると、同じ授業をうけたのに、
紹介文に影響され、悪い印象になったり良い印象になったりした。

つまり期待や先入観が影響したのです。

第一印象に合う情報を集めようとする

ケリーの印象形成のお話に関することですが、

社会心理学の領域には確証バイアスという言葉があります。

確証バイアスとは自分の仮説に合った情報だけを収集(注目)してしまう傾向です。

ケリーの印象形成の実験では、紹介文によってその先生の印象(仮説)を形成します。

例えば冷たいといった印象(仮説)を形成したとすれば、冷たい部分に注目してしまい、そのほかの特徴は軽視されてしまいます。

これが確証バイアスです。

重要キーワード:第一印象、ケリー、社会心理学、先入観、確証バイアス

«特性論

無料ブログはココログ

独学用の心理学参考書

  • 印象をガラッと変える心理学
    印象形成の電子書籍(500円)。記憶の方法や推論のメカニズムを利用して、好印象を持ってもらうための応用心理学です。
  • 片口先生のロールシャッハテスト書籍
    片口法の書籍で値段は約10000円と高いです。ただロールシャッハテストを実施する人には必須で、元は取れると思います。
  • 行動を暴く心理学(電子書籍)
    人間関係を悪化させるマインドコントロール人間についてわかりやすく分析した電子書籍です。第一作目は99円で販売されておりアプリでPC・スマホなどでも見れます。
  • 東田直樹 「自閉症の少年が明かす自閉の世界」
    まともなコミュニケーションが取れないと考えられていた自閉症ですが、東田直樹氏は自らパソコンによるコミュニケーション能力を獲得し、流暢な言葉で著書を出版しています。                                  
  • 心理学小辞典(USBメモリー版)
    •現代心理学の全ての領域にわたる概念・理論・方法・技法・学者人名を網羅した辞典のUSBメモリ版
  • 合格ナビ!臨床心理士指定大学院攻略
    臨床心理学の文章が英語と日本語訳と書かれています。英文の解説もあるので、臨床心理学と英語が同時に学べる一石二鳥な参考書です。
  • よくわかる心理統計
    ミネルヴァ書房のよくわかるシリーズの統計です。かなり詳しくわかりやすく心理統計を説明しています。 詳しく書いている分だけ多変量解析の説明が物足りないかもしれません。
  • 図解雑学フロイトの精神分析
    精神分析を学ぶならまずわかりやすい図解シリーズでまず勉強することをおすすめします。
  • 心理学辞典
    一人一冊は持っておきたい心理学辞典です。 内容は十分ですが、お値段がそれなりにします。