« t検定 | トップページ | 心の理論と発達障害 »

2013年1月22日 (火)

三項随伴性

三項随伴性とは


三項随伴性とは、行動療法において問題行動や症状をアセスメントする際に用いられる考え方です。
三項とは、先行条件、行動、結果、の3つで、これらが随伴することを三項随伴性といいます。
柔らかく言うと、問題行動は何で、問題行動がどういうときに生じるか、問題行動をした結果どうなるかを分析することです。

三項随伴性を用いたアセスメントの例


問題行動がギャンブルの場合を例にあげます。
1、先行条件
まず、ギャンブルをするときは、どういうときにするのかを質問していき、仕事で失敗したときにギャンブル(問題行動)をするのか、上司に叱られたときにギャンブルをするのかを明らかにします。

2、行動
先行条件の時、何をするか、ということです。ここでの行動はギャンブルになります。

3、結果
先行条件のときにギャンブルを行った後、どういう結果になるかを分析します。
例えば、ギャンブルをすれば、スッキリする、お金がてにはいる、などが結果となり得ます。
この結果は、強化子と考えられます。つまり、問題行動=ギャンブルが維持されるのは、この強化子があるからだと分析されます。

三項随伴性によるアセスメントで何がわかる?


三項随伴性によるアセスメントでは、ギャンブルがなぜ維持されるかがわかります。
そして、強化子が明らかになれば、同じような強化子が得られるような他の行動を代替行動として獲得させる、というような介入が見えてきます。

« t検定 | トップページ | 心の理論と発達障害 »

学習心理学・認知行動療法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1769540/48892925

この記事へのトラックバック一覧です: 三項随伴性:

« t検定 | トップページ | 心の理論と発達障害 »

無料ブログはココログ

独学用の心理学参考書

  • 印象をガラッと変える心理学
    印象形成の電子書籍(500円)。記憶の方法や推論のメカニズムを利用して、好印象を持ってもらうための応用心理学です。
  • 片口先生のロールシャッハテスト書籍
    片口法の書籍で値段は約10000円と高いです。ただロールシャッハテストを実施する人には必須で、元は取れると思います。
  • 行動を暴く心理学(電子書籍)
    人間関係を悪化させるマインドコントロール人間についてわかりやすく分析した電子書籍です。第一作目は99円で販売されておりアプリでPC・スマホなどでも見れます。
  • 東田直樹 「自閉症の少年が明かす自閉の世界」
    まともなコミュニケーションが取れないと考えられていた自閉症ですが、東田直樹氏は自らパソコンによるコミュニケーション能力を獲得し、流暢な言葉で著書を出版しています。                                  
  • 心理学小辞典(USBメモリー版)
    •現代心理学の全ての領域にわたる概念・理論・方法・技法・学者人名を網羅した辞典のUSBメモリ版
  • 合格ナビ!臨床心理士指定大学院攻略
    臨床心理学の文章が英語と日本語訳と書かれています。英文の解説もあるので、臨床心理学と英語が同時に学べる一石二鳥な参考書です。
  • よくわかる心理統計
    ミネルヴァ書房のよくわかるシリーズの統計です。かなり詳しくわかりやすく心理統計を説明しています。 詳しく書いている分だけ多変量解析の説明が物足りないかもしれません。
  • 図解雑学フロイトの精神分析
    精神分析を学ぶならまずわかりやすい図解シリーズでまず勉強することをおすすめします。
  • 心理学辞典
    一人一冊は持っておきたい心理学辞典です。 内容は十分ですが、お値段がそれなりにします。