« 無条件の肯定的配慮 | トップページ | 防衛機制 »

2013年10月26日 (土)

ストレスコーピング

ストレスとは?

ストレスとは、もともと「圧力」「歪み」「変形作用」などを意味する物理学や工学の言葉から来ています。

ストレスは心理学では、環境からの刺激に対して生体が示す緊張反応を意味します。

ストレッサーとは?

通常ストレスと言うと、子供の夜泣きや上司の愚痴などを連想するかもしれません。

しかし心理学領域では、生体側の変化はストレスと言い、ストレスを生じさせる刺激をストレッサーと言います。なので子供の夜泣きや上司の愚痴はストレッサーと言います。

ライフイベントとデイリーハッスルズ

ストレッサーの種類には大きく2つあります。
1つは、配偶者の死や災害などの急性のストレッサーであるライフイベントlife event
1つは、近隣の騒音や赤ちゃんの夜泣きなどの慢性のストレッサーであるデイリーハッスルズdaily hassles

どちらも誰にでも起こる可能性がありますが、うつ病になったり不眠症になったりするかどうかは、人によって違います。そしてストレッサーが症状を引き起こすかどうかを分けるのは、認知的評価と呼ばれる、個人によって異なる考え方です。

認知的評価

認知的評価には、その人がストレッサーをどのように捉えるかという考えや、自分にそのストレッサーを対処する能力があるかという考えが含まれます。

前者は、一次的評価といいます。
後者は、二次的評価といいます。

過去記事の認知的評価理論でも書いています。

ストレスコーピング

ストレスコーピングとは、ライフイベントやデイリーハッスルズといったストレッサーへの対処のことです。コーピングとは、英語の動詞cope(対処する)から来ています。

ストレスコーピングの方法は人によって異なります。
「イライラしているときに違うことを考える人」「カラオケで気晴らしをする人」「映画を見て感動する人」「隣の騒音でムカついたら、文句をいいに行く人」

いろんなストレスコーピング方法があります。 しかし、コーピングの方法には共通しているところがあり、共通点からいくつかの種類に分けることができます。

問題先送り型と問題解決型コーピング

問題先送り型コーピングとは、名前の通り、ストレスの元である嫌な上司や学校のいじめっ子に対して、何かアクションを起こして、問題を解決しようとする方法です。 ・問題先送り型コーピングとは、ストレッサーとは関係のないことをして気晴らしをしたり、一時的にだけ解決するよな方法です。 今回はストレスコーピングの大まかな説明をしました。 今後はコーピングの具体的な方法や有効な方法についてご紹介します。

 

引用:人間知(ヒューマンリテラシイ)―心の科学

重要キーワード:ラザルス、コーピング、認知的評価、ストレッサー、日常生活いらだちごと、デイリーハッスルズ、ライフイベント

« 無条件の肯定的配慮 | トップページ | 防衛機制 »

臨床心理学(心理療法)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1769540/53722590

この記事へのトラックバック一覧です: ストレスコーピング:

« 無条件の肯定的配慮 | トップページ | 防衛機制 »

無料ブログはココログ

独学用の心理学参考書

  • 印象をガラッと変える心理学
    印象形成の電子書籍(500円)。記憶の方法や推論のメカニズムを利用して、好印象を持ってもらうための応用心理学です。
  • 片口先生のロールシャッハテスト書籍
    片口法の書籍で値段は約10000円と高いです。ただロールシャッハテストを実施する人には必須で、元は取れると思います。
  • 行動を暴く心理学(電子書籍)
    人間関係を悪化させるマインドコントロール人間についてわかりやすく分析した電子書籍です。第一作目は99円で販売されておりアプリでPC・スマホなどでも見れます。
  • 東田直樹 「自閉症の少年が明かす自閉の世界」
    まともなコミュニケーションが取れないと考えられていた自閉症ですが、東田直樹氏は自らパソコンによるコミュニケーション能力を獲得し、流暢な言葉で著書を出版しています。                                  
  • 心理学小辞典(USBメモリー版)
    •現代心理学の全ての領域にわたる概念・理論・方法・技法・学者人名を網羅した辞典のUSBメモリ版
  • 合格ナビ!臨床心理士指定大学院攻略
    臨床心理学の文章が英語と日本語訳と書かれています。英文の解説もあるので、臨床心理学と英語が同時に学べる一石二鳥な参考書です。
  • よくわかる心理統計
    ミネルヴァ書房のよくわかるシリーズの統計です。かなり詳しくわかりやすく心理統計を説明しています。 詳しく書いている分だけ多変量解析の説明が物足りないかもしれません。
  • 図解雑学フロイトの精神分析
    精神分析を学ぶならまずわかりやすい図解シリーズでまず勉強することをおすすめします。
  • 心理学辞典
    一人一冊は持っておきたい心理学辞典です。 内容は十分ですが、お値段がそれなりにします。