« ピアジェ認知的発達理論 | トップページ | ホメオスタシス »

2013年12月 6日 (金)

社会的参照と視覚的断崖実験

社会的参照とは

社会的参照とは、子供が行動する前に重要な他者の反応をうかがって行動を決定するような現象を言います。

およそ1歳前後から社会的参照が見られると言われています。

 

例えば、子供が転んだ時に、親の「そのくらい大丈夫だよ」という顔を見れば、
安心して行動を続け、
「大丈夫かな?」と心配そうな顔をしていれば泣いたりします。

社会的参照を示した視覚的断崖実験

視覚的断崖の実験とは、知覚心理学者のギブソンらが行った実験で、社会的参照を証明するものでした。

視覚的断崖実験では、赤ちゃんがのる透明な台を用意します。
そして、台の前では、赤ちゃんのお母さんが心配した表情をする場合と、楽しそうな表情を
する場合にわけて、赤ちゃんが透明な台を渡ってお母さんの所までハイハイして行くかを見ました。

社会的参照実験の結果、お母さんが心配そうな顔をしたとき、赤ちゃんは透明な台を渡ってこず、楽しそうな顔をしたときは、透明な台を渡って来ました。

 

視覚的断崖実験でわかったこと

視覚的断崖実験でわかったことは、赤ちゃんが母親の表情を見て、行動を選択したということです。
言い換えれば、空気を読んだ、と言うことになるかもしれません。

社会的断崖実験でこのようなことがわかりましたが、現在でも、赤ちゃんの社会的参照能力を調べるために視覚的断崖を用いることがあります。

日常で見られる社会的参照

視覚的断崖でなくても日常でも社会的参照は見られます。
例えば、赤ちゃんが頭を打った、転んだ、このような場面でも社会的参照が見られます。
赤ちゃんが頭を打ったとき、母親の反応を見て、心配そうなら泣き、笑っていれば、平気な顔で泣かずに
済むかもしれません。
大人の場合、例えば会議で発言したときに、
自分の発言が妥当なものであったのかどうかを、周囲の返答や発言から判断することがあります。
これも社会的参照と考えられます。

このように、周囲の反応を見て行動を決めること、を社会的参照と言います。

発達障害と社会的参照

自閉症児は社会的参照能力の欠如と関連があると言われています。

社会的参照に障害のある自閉症スペクトラムの子供は、
他人の感情を推測してそこから適切な行動をとることが難しくなります。
そのため対人関係に問題が生じます。

社会的参照は共同注視の一形態と考えられますが、
共同注視は定型発達の子供では生後6ヶ月から18ヶ月で見られます。
自閉症スペクトラムの子供は共同注視が欠如する傾向があります。

社会的参照に関する実験で、室内にいる児童に動物の鳴き声のような音を聞かせる実験が行われています。

実験の結果、自閉症児を含めた発達障害児群は、定型発達の児童と比較して、音がなった時に大人を見る回数が少なかったことがわかっています。
つまり、自閉症児は社会的参照をすることが少ないということができます。

また共同注視が見られる子供は比較的言語能力が障害されにくいという研究結果もあります。

 

重要キーワード:社会的参照、奥行き知覚、視覚的断崖、共同注視、ギブソン

« ピアジェ認知的発達理論 | トップページ | ホメオスタシス »

発達心理学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1769540/54168018

この記事へのトラックバック一覧です: 社会的参照と視覚的断崖実験:

» モテ期占い | 消費者詐欺被害センター [モテ期占い | 消費者詐欺被害センター]
消費者詐欺被害センターは『お金を騙し取られた』などの悪質な詐欺被害情報を検索、投稿出来る口コミサイトです。『おかしいな?』と思ったらまずは検索を! [続きを読む]

« ピアジェ認知的発達理論 | トップページ | ホメオスタシス »

無料ブログはココログ

独学用の心理学参考書

  • 印象をガラッと変える心理学
    印象形成の電子書籍(500円)。記憶の方法や推論のメカニズムを利用して、好印象を持ってもらうための応用心理学です。
  • 片口先生のロールシャッハテスト書籍
    片口法の書籍で値段は約10000円と高いです。ただロールシャッハテストを実施する人には必須で、元は取れると思います。
  • 行動を暴く心理学(電子書籍)
    人間関係を悪化させるマインドコントロール人間についてわかりやすく分析した電子書籍です。第一作目は99円で販売されておりアプリでPC・スマホなどでも見れます。
  • 東田直樹 「自閉症の少年が明かす自閉の世界」
    まともなコミュニケーションが取れないと考えられていた自閉症ですが、東田直樹氏は自らパソコンによるコミュニケーション能力を獲得し、流暢な言葉で著書を出版しています。                                  
  • 心理学小辞典(USBメモリー版)
    •現代心理学の全ての領域にわたる概念・理論・方法・技法・学者人名を網羅した辞典のUSBメモリ版
  • 合格ナビ!臨床心理士指定大学院攻略
    臨床心理学の文章が英語と日本語訳と書かれています。英文の解説もあるので、臨床心理学と英語が同時に学べる一石二鳥な参考書です。
  • よくわかる心理統計
    ミネルヴァ書房のよくわかるシリーズの統計です。かなり詳しくわかりやすく心理統計を説明しています。 詳しく書いている分だけ多変量解析の説明が物足りないかもしれません。
  • 図解雑学フロイトの精神分析
    精神分析を学ぶならまずわかりやすい図解シリーズでまず勉強することをおすすめします。
  • 心理学辞典
    一人一冊は持っておきたい心理学辞典です。 内容は十分ですが、お値段がそれなりにします。